よくある質問・FAQ

A:当社電動アシスト自転車は型式認定(TS)を取得しております。ご安心してお乗りいただけます。

A:免許も車両登録も不要です。国内試験期間で「電動アシストの比率計測」の試験を受け、国内の基準を満たしています。製品についても、一般的な自転車と同じようにお乗りいただけます。

A:一定速度以上ではアシストは働きませんので心配ありません。
時速24km/h以上の場合にモーターはアシストしません。またアシスト力は運転手の踏力が基準になっておりますので、ペダルを踏んでもいないのに進んだり、24km/h以上でモーターが加速を行ったりするようなことはございません。
さらに、当社の電動アシスト自転車にはAI感知センサーが搭載されていますので、上り坂・下り坂を自動検知でき、合理的にアシストできます。車体が30°以上傾くとアシスト機能が自動停止になります。

A:いつ充電していただいても結構です。
原則としてバッテリーが0(ゼロ)になるまで使う必要はありません。継ぎ足し充電が可能で寿命にも影響しません。バッテリーがある程度減ったら充電するようにお願い申し上げます。

A:本製品は子供を乗せて走る仕様ではありませんのでお控えください。

A:推奨身長は150cm〜190cmです。サドルを伸ばして調整可能な為、ほとんどの皆様に乗って頂けます。 サドルの高さは最低80cm、最高90cmとなっています。

A:万が一走行中にバッテリーが切れた場合、アシスト走行はできませんが、普通の自転車として乗ることができます。
その場合、モーターやバッテリーを搭載している為、普通の自転車より重く感じる場合がございます。予備バッテリーもオプションで購入可能です。

A:駆動ユニット・バッテリーは生活防水の基準は満たしています。電動アシスト自転車のうちバッテリー、モーターにつきましては、一般的に生活防水と呼ばれる基準を満たしております。
転倒、傾き等がなく正常に自転車に取り付けられた状態で雨がかかる程度の水であれば電気系統に問題はございませんが、直接圧力がかかるような環境や、水をかけながらの洗車はしないでください。

A:タイヤチューブのバブルには米式(シュレーダーバルブ、アメリカンバルブ、アメリカ式)を利用しております。バルブの種類に合わせるはさみ口をご利用ください。

A:電源スイッチを入れた状態で10分程度何もしない場合、自動で電源が切れる設計になっております。

A:1年間のメーカー保証期間を設けております。
取扱説明書に従って使用していた状態での商品不良に対して、当社にて送料を負担した上で商品の交換対応を行います(お客様の故意・過失等で生じた故障は除きます)。

PAGE TOP